タブレットのおすすめ(2017年版)

タブレット

スマホより大きい画面で動画やゲームを楽しめ、パソコンより小さくて持ち運びやすいタブレット。

私は今までいろいろなタブレットを購入してきました。

iPad、iPad mini、Androidタブレット、Windowsタブレット、Fireタブレット、・・・。

そんなタブレット大好き人間が今年2017年におすすめできるタブレットをまとめてみます。

10インチだと大きすぎる

タブレットはどうしても画面の大きなものを購入したくなります。

最近のスマホは4インチを超える画面が当たり前です。

でもやはりスマホの画面では動画や雑誌を見るには小さい。

だから画面の大きなタブレットを購入しよう、と考えます。

そのため、9.7インチのiPadや12インチのWindowsタブレットなどを買ってしまいました。

しかし、画面サイズが10インチ程度(9.7インチも含む)を超えると「デカイ」のです。

外出先で気軽に使えないのはもちろんですが、たとえ家で使ってもデカさはジワジワと効いてきます。

8インチがベストか

だからと言ってあまり画面が小さいとスマホと別にタブレットを持つ意義がなくなってきます。

いろいろなサイズのタブレットを使った中で動作や雑誌が問題なく楽しめ、取り回しもよかったのは8インチ前後のタブレットでした。

各タブレットOSの特徴

OSとはOperating Systemの略でコンピューターの基本ソフトウエアのことです。

タブレットのOSというとiOS(iPadのOS)とAndroidが有名ですが、他にFire OSとWindowsがあります。

このタブレットOSによって得意なことと苦手なことがあります。

iOS Android Windows Fire OS
端末価格 高い 安い〜高い 普通〜高い 格安
操作性
わかりやすさ
カスタマイズ性
アプリ数 多い 多い 少ない 少ない
パソコンとしての使用

iPad miniは価格がネック

iOSを搭載する7.9インチのiPad miniはさくさくと快適に操作できます。

操作もわかりやすいため初心者にはおすすめです(ただし、わかりやすさと引き換えに自分好みにカスタマイズすることができませんが)。

タブレットでこの価格は難しいのでは?

今の世の中、多くの人がスマホを持っています。

画面は小さいのを我慢すればスマホでほとんどのことができます。

そうした状況でタブレットのためにこの金額を出せるでしょうか。

帯に短し襷に長しのAndroid端末

iPadがOSも端末もアップルが1社で開発しているのに対し、AndroidはGoogleがOSを開発し、いろいろなメーカーが端末を提供するため、様々な端末が存在します。

昔はGoogleのNexusがAndroid端末のフラッグシップとして存在していました。

Nexsubを選んでおけばとりあえず間違いはなかったのですが、2016にNexusは終了となりました。

現在はフラッグシップと呼べるAndroid端末が見当たらず、どの端末も「帯に短し襷に長し」の感があります。

それでも価格と性能のバランス(コストパフォーマンス)と前述の8インチ前後のサイズという視点からおすすめするとすればMediaPad T2です。

Windowsタブレットなら選択肢は1機種のみ

Windows 8や8.1のWindowsタブレットは本当に使いづらかったのですが、Windows 10でかなり改善されました。

それでも使い勝手はiPadやAndroidに遠く及ばないのですが、Windowsタブレットにはパソコンとしても使えるという大きなメリットがあります。

パソコンとして使うためにWindowsタブレットを購入するなら、以下の条件は絶対です。

  • 片手で持てる
  • Windows 10
  • メモリ 4GB以上
  • ストレージ 64GB以上
  • フルHD(1920×1080)以上

しかし、Windows 10タブレットの画面サイズはほとんど10.1インチ以上です。

「2 in 1」と呼ばれるタブレットよりパソコンとして使うことに重点をおいている形態のためです。

そんな2 in 1の製品をタブレットとして使っても「デカすぎ」て使い物になりません。

10インチ未満の製品も、メモリ4GB、ストレージ64GBの条件がクリアできないものがほとんどです。

それではWindowsが快適に動作しません。

そんな状況の中、上記4つの条件をすべて満たす製品は「Diginnos DG-D09IW2SL」のみです。

パソコンでなくタブレットとして使うなら他に選択肢はありません。

お買い得なFire OS

Fire OSとはAndroid OSを動画や電子書籍向けにカスタマイズしたOSです。

そして2017年現在、

「タブレットのおすすすめは?」

・・・と聞かれれば、

「Fire HD 8です」

と答えるしかありません。

Fire HD 8とはFire OSを搭載したAmazonの8インチタブレットです。

おすすめの理由は8,980円、または12,980円で購入できるにもかかわらず、高性能というコストパフォーマンスの高さです。

同価格帯のAndroid製品を購入したこともありましたが、「安かろう悪かろう」や「安物買いの銭失い」のような言葉で片付けられる結果しか得られませんでした。

しかし、Fire HD 8は低性能だから安いのではありません。

安さの理由

Android端末でも1万円を切るものがありますが、まともに使えるような性能ではありません。

しかし、Fire HD 8は激安価格にもかかわらず動画視聴なども含めてサクサクと動きます。

激安の理由はAmazonがタブレット本体ではなく、KindleストアAmazonプライムビデオなどで利益を出せばいいと考えているからだと思われます。

つまり、たとえ赤字でも激安で高性能のタブレットを売り、そのタブレットでAmazonのコンテンツが消費してもらうことで儲けようというわけです。

Amazonプライム会員になるか否か

Fire HD 8はAmazonプライム会員か否かで価格が違います。

通常の価格は以下ですが、Amazonプライム会員であれば4,000円の割引となるため、8,980円で購入できます。

Amazonプライム会員とは次のようなサービスです。

最近のキンドルのサービスと切っても切れないのがです。また、話題のAmazonプライムビデオを視聴するためには、Amazonプライム会員になる必要があります。Amazonプライム会員とは年会費3,900円(税込)でいろいろな特典を受けられるサ

年3,900円のプライム会員になることでFire HD 8が4,000円安く買えるとはいえ、翌年以降も3,900円の年会費が発生するわけですから迷う人も多いと思います。

迷ったらスマホで無料体験

実はAmazonプライムは以下の最大30日間無料で使うことができます。

そのため、Amazonプライム会員になるか否か迷ったら、とりあえず手持ちのスマホで30日間無料で使ってみるのがおすすめです。

AmazonプライムビデオもAmazon Prime MusicもFire HD 8専用ではなく、スマホでもパソコンでも使えます。

ただし、KindleオーナーライブラリーだけはFire HD 8などのFireタブレット、またはKindleでなければ利用できません(iPad/iPhoneやAndroidのKindleアプリではダメです)。

Amazonプライムに年3,900円の価値があると思ったら無料期間終了後に会員になり、4,000円引の8,980円でFire HD 8を購入すればよし。

年3,900円はやはり高いと思ったら無料期間終了前に解約すればお金はかかりません。

プライム会員価格でなくても安い

迷う以前に年3,900円の年会費なんて払いたくない、そんな人でもFire HD 8の性能で12,980円なら十分安くお買い得、おすすめです。